かつらを考える前に植毛相談

かつらを考える前に、植毛という方法も考えてみてはいかがでしょうか。
植毛には、自毛植毛と人口毛植毛がありますが、ニドー植毛相談所では、地毛植毛についての相談ができます。
毛髪が薄くなるのは、男性ホルモンの影響が原因だといわれています。
しかし、後頭部や側頭部の毛根は男性ホルモンの影響を受けずに抜けにくく、かつらをつけるのは抵抗があるという方もおられるでしょう。
自毛植毛は元気な毛根を増毛したい部位に移植することにより、自分の毛髪をよみがえらせるという方法です。
自毛植毛では、経験豊富な技術者の手作業により、機械は使わず、1本づつ丁寧に植毛していきます。
ニードル法という最先端の植毛法を施術するのは、専門の医師によるものですので、安心して受けることができます。

自宅で増毛できるかつらビィビィドヘアー

自宅で増毛できるかつら「ビィビィドヘアー」は、自宅で自分で装着でき、2~3週間使用することができる、便利なかつらです。
頭皮より薄い0.02mmの透明シートには、特殊加工をして、さらに1平方cmあたり、1000万個の通気穴をあけてありますから通気・通汗性にも、優れています。
かつらや植毛、ほとんどの増毛法は、定期的にかつらサロンに行き、専門家の技術が必要となりますが、その費用は年間で数10万~数100万となります。
「ビィビィドヘアー」は、薄毛が気になる部分の型をとり、それに合わせてシートをカットして、持続性のある専用接着剤で貼り合わせるだけです。
ビィビィドヘアーは、思いのままのヘアアレンジができ、普段通りに洗髪もできますし、毛染めも可能です。
これまでのかつらとは違う手軽さが魅力です。

かつらと増毛・植毛の違い

髪の毛のボリュームアップの方法には、かつら、植毛、増毛がありますが、どれも好みのスタイルをつくるという点では同じですが、毛髪を増やす方法が違います。
かつらは頭の形にフィットしたネットに髪の毛を植えて、ピンやテープまたは、接着剤を使って自分の髪の毛や頭皮につける方法をとります。
増毛は薄くなった髪の毛に人毛、人工毛を自毛に直接結びつけたり接着していく方法です。
増毛をする場合は、健康な毛髪がある程度残っていないとできません。
植毛は医療行為になりますから、一般の理容室、美容室、かつら販売店で行うことは出来ません。
植毛は、植毛専門の店舗で、医師の免許をもっている増毛カウンセラーが施術します。
自分のライフスタイルなどを考慮して、かつら、増毛、植毛、それぞれ適した方法を選びましょう。

かつらの前にリーブ21で発毛を:お店では何をするの?

髪の悩みへの対処法として、安易にかつらを装着することを
考えずにまずはもう一度髪を発毛へと導くために
リーブ21へ相談してみてはいかがでしょうか?
今回は発毛を応援するリーブ21の店舗で何をしていくのかを
紹介します。
リーブ21の店舗で行っていく施術内容には
シャンプーだけではなかなか落ちにくい毛穴の奥の過酸化脂質や
老廃物をスチーマーとリーブトニックを使用して
毛根を健康な状態に近づけていきます。
次に頭皮を健やかにし、発毛環境を整えるために
各種天然成分や東洋成分をふんだんに使ったリーブ21独自の
シャンプーで頭皮マッサージをしていきます。
次に微弱電流を用いて、頭皮に塗っておいたリーブトニックを
イオン化して髪に必要な栄養成分を頭皮へ浸透しやすくします。
仕上げとして、ビームライザーを使って頭皮の環境を
より健やかへと整えていきます。

かつらを装着する前に発毛に挑戦しよう:リーブ21のシステム

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関する悩みは尽きませんね。
髪の量は気になるけど、かつらを装着するのには抵抗がある
という方も多いのではないでしょうか?
実際にかつらを装着する前に、もう一度髪について考える
リーブ21で発毛に挑戦してみてはいかがでしょうか?
今回は、発毛にチャレンジしたい方のために
リーブ21への入会までのシステムについて紹介します。
リーブ21ではまずはじめにフリーダイヤルで髪に関する
あらゆる悩みについての相談について伺うことからはじまります。
相談内容についての解答に納得されたなら、リーブ21の店舗へ
来店してリーブ21の発毛システムを手頃な価格で実感することができる
「発毛実感コース」を実際に試していただくようになります。
この「発毛実感コース」で満足したら、正式にリーブ21へ入会することとなります。

発毛のメカニズムとかつら

毛髪が薄くなると誰もが思うのは、どうにかして薄毛を隠したいいう気持ちです。
そこでかつらを使用する人も出てくるでしょう。
しかし、まだどうにかして育毛・発毛に挑戦する人も多いようです。
発毛のメカニズムは、「毛根部分」にあり、「毛根部分」の一番下で毛母細胞が、増殖を繰り返して発毛するのです。
毛根部分には「毛球」と呼ばれる部分があり、毛球の中の毛母細胞が毛乳頭から、発毛に必要な栄養補給を受け、細胞分裂をします。
それが育ち、頭皮上に髪を生えてくるのです。
毛乳頭は、血液より送られてくる栄養分を毛母細胞にただ与えるのではなく、必要な形に変えて補給していると考えられます。
それによって、増殖した毛母細胞は、押し上げられながら水分をなくして角化し、髪になっていきます。
これが、発毛のメカニズムです。
もう、髪は生えてこないと思っている方も、毛根部分が死んだのでなく、仮死状態にある場合もあるようですから、発毛に挑戦してみるのもいいかもしれません。
薄毛をかつらで隠している人も、仮死状態の毛根を活性化してみてはいかがでしょうか。
かつらを考える前に、発毛を試してみるのもいいのではないでしょうか。

かつらメーカーと株式会社毛髪クリニックリーブ21

かつらメーカーではないのですが、株式会社毛髪クリニックリーブ21の自慢は、脱毛は治らないということを覆すため、発毛の基礎研究に16年かけ、さらなる研究を続けていることです。
かつて脱毛症は、治らないとされていました。
そこで、かつらや植毛に解決を求めた人達は、かつらの着用がストレスになったり、人工植毛では、皮膚が異物を排除しようとして化膿することで、より辛い思いもしたようです。
この問題の解決には、脱毛は治らないという常識を覆すほかはないと考えた株式会社毛髪クリニックリーブ21が、研究をスタートさせたのは1976年です。
脱毛のメカニズムを解明したうえで、発毛の基礎研究を重ね、ついに仮死状態の毛根を復活させる技術に成功したのです。
16年間の研究期間と準備期間を経て、脱毛症は治るという確信を得た上で、1993年、ようやく営業をはじめました。
リーブ21が開発した発毛システムの、高周波・低周波を用いた発毛育毛装置は、1999年に特許を取得しました。
長い年月をかけて築き上げた技術があるからこそ、株式会社毛髪クリニックリーブ21はこれからも歩み続けるでしょう。
現在、有名かつらメーカーでも、リーブ21のような発毛促進治療も行っています。
かつらメーカーの発毛力と、リーブ21の発毛力のどちらが強いのか、少し気になるところです。

かつらと発毛:不衛生な頭皮と抜け毛

薄毛や抜け毛は、たとえ高年齢になったとしても、誰しも歓迎しないことだと思います。
特に20代などの若い年齢で抜け毛や薄毛が始まったら、とても気になりますね。
そうなると、なんとか発毛する方法はないかという気持ちになることでしょう。
せめて見た目に薄毛を隠そうと、かつらを使用する人もいるかもしれません。
今のかつら技術はまるで自分の髪の毛が生えてくるように自然に増毛したり、形造ったりできるようです。
それでも、発毛への希望は誰しも捨てきれないものです。
薄毛や抜け毛が気になり始めると、それまで気にしていなかった頭皮が気になりだしませんか?
自分の頭皮をじっくり観察してみてください。
毎日残業が続いたりすると、シャンプーをさぼったり、いい加減にすましてしまい、頭皮が不衛生になっていませんか?
疲れているからといっていい加減なシャンプーを続けていると、シャンプーの残りかすが毛穴にたまって、毛穴がふさがり、抜け毛を誘発してしまいます。
薄毛や抜け毛を改善して、発毛につなげるためには、まず不衛生な頭皮を改善することです。
発毛をあきらめてかつらを使用する前に、まずは不衛生な頭皮の改善から発毛の努力をしてみるのはいかがでしょうか。

かつらの修理でいつまでも自然な仕上がりを

毎日使うかつらのほころびに気づいたら、どうしていますか?
毎日使うかつらだからこそ、使用年数を経るにつれて修理が必要になってきます。
ほおっておくと、不自然な仕上がりになり、せっかくのかつら装着の意味がなくなります。
修理が必要な部分としては、コーティングのひび割れや毛量の減少、または年齢にあわせた白髪の増量、サイズ合わせなどです。
かつらも使っていくうちに毛量が減少していきます。
そこでかつら修理を行うことで、再び自然な頭髪の仕上がりに戻すことができます。
かつらの修理では、増毛以外にも、毛染め、白髪の植毛、パーマ、カット、ベースコーティング、人工皮膚交換、ストッパーやマジックの交換などがあります。
かつらを装着している方は、せっかくですから、いつまでも自然な仕上がりでいられるように、日ごろのお手入れと適度な修理を心がけてみてください。

かつらメーカー「アクト・ジャパン」

かつらメーカー「アクト・ジャパン」のかつらは、ハリウッド映画の特殊メイク技術を使った「生え際を出せる」かつらです。
かつらを使用していて、意外と装着している本人が気付かないのが毛の植え方です。
アクト・ジャパンのかつらは、その点をクリアーしたシングル ストランド テクニックという技術を使って作られています。
シングル ストランド テクニックは、頭頂部に1本、1本自然の髪と同じ植え込みをする技術です。
今までの毛髪の植え方は、結び目の毛髪がVの字のように長短で表に出ているため、頭頂部からかつらを見た場合、短い側の毛が長い毛と交じり合い、不自然に見えていました。
アクト・ジャパンのシングルストランドテクニックの場合は、自然の髪と同じように植えてあるため、見た目にも自然で、人に頭頂部を見られても全くかつらだとは気づかれないようになっています。