AGAの対策

頭皮湿疹にはムヒhd

頭皮が赤く、湿疹が出来ていませんか?
先日も床屋さんで理容師さんに頭皮が赤いですねぇって言われました。
まぁ連日飲み会でお風呂に入らない日もあったから、
一時的に荒れているって事は分かっていたんですけどね。
 
そして、あえて頭皮の湿疹の対策について聞いてみたんです。
そしたら、
「毎日シャンプーしましょう」だそうです。
まさに正論です!!
そう、毎日丁寧に適度にシャンプーする事。
これが頭皮の湿疹などのあれを防ぐためには必要ですね。
 
ただ、付き合いとかで不規則な食生活や生活習慣になってしまった人、
そんな人で頭皮が荒れている人は、ムヒhdが便利なんです。
 
頭皮の健康が髪の健康ですからね。
しっかりと健康な白色色の頭皮を保てるように注意しましょう。

レーザー育毛を使う女性が増えている

ここ数年で、レーザー育毛を使って頭皮のケアを始めている女性が増えています。育毛剤の需要も増えているらしく、それだけ女性で薄毛に悩んでいる人が増えているということでしょう。男性だけでなく、薬局には女性用の育毛剤も同じくらい並べられていますからね。FAGAなどといわれたりしますが、女性の薄毛は決して珍しい事ではなくなりました。

 

レーザー育毛から出る低出力のレーザーは、頭皮の細胞を活性化させ、血行を良くすると評判です。女性の人も、生活習慣の乱れなどにより、頭皮が硬く血行が悪くなっている傾向にあります。その事が抜け毛を増やし、髪の毛が育ちにくい環境を作っていると考えられるのです。

 

これから女性の方で育毛を始めようと考えている人は、以下のサイトを参考にしてみると良いでしょう。

分子ピーリングで頭皮ケア

私はいま色々な育毛剤を試してきた結果、このミストが自分には合っていると感じています。それがM1ミストです。この育毛ミストは育毛剤ではないので、男性でも女性でも問題なく使用できる、とても安全な成分で作られています。100%無添加で出来ているので、その安全性っていうのは「かいわれ大根」が育ってしまうほどなんです。
 
M1ミストは「分子ピーリング」という技術を使って、頭皮の外側と内側の両方からケアしてくれます。古い角質を取り除く事で、皮膚本来の機能を取り戻させる世界初の技術です。頭皮の機能が回復すれば、皮膚が若返り髪の毛が育ちやすい環境になります。
 
いまいちミストっていうのがイメージつかない人も多いと思います。簡単に言ってしまうと頭皮用のローション(化粧水)といったイメージですね。スプレータイプですので軽く噴射されるローションって感じです。これが頭皮や髪の毛についても嫌な臭いはしないし、髪の毛がベチャってなったりしません。限りなく水に近い感覚です。
 
色々な人がレビューサイトでM1ミストのことを紹介されています。私も実際に使っているサイトを作成しようかと最近は検討しているところです。M1ミストのレビューサイトでは、こちらのM1ミストの口コミ!【私の頭皮に起こった3つの変化!】が参考になりました。M1ミストが気になっている人は参考にしてみて下さい。

薄毛対策とメタボ解消法

薄毛対策で最も重要な事は頭皮を清潔に保ち、十分な栄養を摂り、ゆっくりと休み、ストレスを軽減させ、適度に運動して血管を拡張させ血流量を上げることです。また禁煙を心がけ、生活リズムを見直しヘアサイクルを正常な状態に保つことも重要です。

一方メタボリックシンドロームの解消法にも生活リズムの見直し、規則的で栄養バランスに優れた食事、適度な運動と十分な休養、ストレスを軽減させることなど薄毛の予防と似通っている部分が多数あります。この関連性を少し科学的な見地から説明しましょう。AGA(男性型脱毛症)に関係する遺伝的要素はまだ発見されていないものも含めて多数存在すると考えられています。

例えばテストステロンが頭皮内の5αリダクターゼによって発毛を阻害する物質DHTに変容するなどです。日本で第二次世界大戦後に脱毛症が増加した背景には食生活と生活習慣が欧米型に変化したためでは無いかと言われています。欧米型の動物性脂肪の摂取量の増加に伴うコレステロールとカロリーの増加、交通網の発達に伴う有酸素運動の減少など考えられる要因は様々ですが、特に有酸素運動が不足することで血中のインスリンの値が上がり、それに伴い総テストステロンの値や遊離テストステロンの値も上昇し、DHTの値も上昇すると言うことは研究で明らかになりました。

一方有酸素運動を十分に行い同時にストレスを減らすことで血液中の性ホルモン結合蛋白(SHBG)の値が上昇することも証明されています。SHBGはテストステロンと結合し、血中の遊離テストステロンを減らします。DHTに変換されるテストステロンは遊離型のみであることは究明されているので、有酸素運動はDHTの減少に大きく関与していると考えられています。

このように糖尿病につながる高い血中インスリンレベルは脱毛症やメタボリックシンドロームと深い因果関係があると言えるでしょう。生活習慣を見直して、血中のインスリン値を低く保つことは薄毛とメタボリックシンドローム双方の予防にとって有意義なのです。

食事によるAGAの対策と予防

脱毛症の人に良く見られる共通点として頭皮が油っぽいまたは逆にかさかさであるということがあります。これはストレスや体調によることもありますが、食事による脂肪分の摂取量の加減で多すぎる場合に脂っぽく、不足している場合はかさかさになりやすい場合があります。

このような食事内容は脱毛症だけではなく様々な生活習慣病の原因になりかねません。メタボリックシンドロームをはじめとして生活習慣病の指摘あるいは注意を受けている人はぜひ日ごろの食生活を見直してみてください。

毛髪の成長を促す栄養素ももちろん食事から摂取されます。規則正しい食事時間は胃腸のバランスにも良い影響を与えますが、不規則になれば逆に悪影響が及び消化吸収が十分機能しない状態に陥りかねません。

特に悪い例としては夜就寝の直前に食事をしたため朝胃がもたれて朝食を抜くといったことです。理想的には就寝の3時間前までには食事を済ませ、それ以降はあまり間食をしないことです。

塩分の取りすぎもまた脱毛症には良くありません。高血圧や動脈硬化症は血流を阻害し、毛母細胞に十分な栄養を運べなくなってしまいます。また塩分の過剰摂取は精神の緊張状態を招きこれも血液の流れを邪魔します。

香辛料などの刺激物は一見すると血行を良くするので脱毛症には良いと思われがちですが、効果は一時的なものです。適量を取るなら食欲増進にもつながり良いのですが過剰摂取は逆に胃腸に負担をかけ、胃腸の機能を低下させます。

脱毛症だけに限ったわけではありませんが、大切なのは栄養バランスの取れた食事を規則正しく3食きちんと食べるということです。毛髪も体の一部です。体に良い食事は毛髪にも良いのは道理ですね。

AGAの予防

AGAは遺伝的な原因によるものが多いのが特徴です。また治療薬であるプロペシアは当然ですがAGAが発症してからではないと処方されません。ではAGAは遺伝であるからあきらめなければならず予防も不可能なのでしょうか?

実際にはそんなことはありません。むしろ日ごろからの適切なヘアケアで予防や進行の遅れを十分期待することが出来るのです。実はAGAは後天的な要因も大きな割合を占めています。かりに遺伝的にAGAの原因分子をもっていたとしても、日ごろから十分なヘアケアを行っていれば毛髪は健康に育つのです。

ということはつまり、AGAを予防、改善するためには栄養バランスの良い食事、ストレスフリーな生活、飲酒、喫煙を控える、十分な睡眠を取るなど生活習慣を見直すことで可能になります。特に喫煙はAGAに限らず脱毛症全体にとって大敵です。

なぜなら喫煙は血管を収縮させる働きがあり、日常的な喫煙者の場合慢性的に血管が収縮している状態が続くため、毛根周りの毛細血管が十分な栄養を毛母細胞に運べない状態になってしまうためです。また生活習慣の見直しと同時に育毛剤を使用したり、頭皮の血液の循環をスムーズにするためのマッサージなどのヘアケアを導入するのも効果的です。

そして毎日のシャンプーで頭皮を清潔に保つことも大事です。もし、毎日シャンプーをしているにも関わらず脱毛症が進んでしまっている場合は自身の肌質に合わないシャンプーを使用しているあるいはシャンプーの使い方に問題があるのかもしれません。

このようにAGAは遺伝だからと簡単にあきらめずに、生活習慣など先ず改善できるところから予防と対策をたてて行きましょう。AGAは進行型のため、一度発症すると再び元通りに回復させるというのはなかなか困難です。まずは症状が出る前に日ごろから頭皮に優しいヘアケアを行うことで発症そのものを遅らせましょう。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーと言う言葉はまだあまり一般的ではありませんが、AGAが医療機関で治療出来るようになって以来、より高い治療効果を期待できる治療法として注目されています。そもそもメソセラピーとは医療技術で確立された治療法なのですが、美容整形の分野で広く用いられるようになりました。

メソセラピーとは別名「脂肪溶解注射」ともいわれ、皮下脂肪やセルライトを溶かす成分を含んだ特殊な薬剤を直接皮下に注射するものです。非常に細い針を用いるため、切開の必要もなく当然傷跡も残りません。

育毛メソセラピーとはこのメソセラピーの技術を利用してAGAの治療薬であるプロペシアやミノキシジルといった成分を頭皮の皮下に注射する治療法です。プロペシアは経口薬なので一旦消化器で消化吸収された状態で頭の毛細血管まで運ばれます。またミノキシジルは頭皮に塗布する薬効成分の為皮膚から吸収される形でした。

それが育毛メソセラピーでは症状のある部位に直接注入できるためより高い効果が期待されているのです。一般的に育児メソセラピーは一定の間隔をあけて3ヶ月から6ヶ月かけて受けます。早い人は数ヶ月で効果が実感できるようです。

当然のことながら育児メソセラピーは医療行為です。きちんとした医療機関に問い合わせた上で施術を受けましょう。また最近ではプロペシア以外の発毛に対する有効成分(コエンザイムQ10やヒアルロン酸など)の配合も研究されていて、将来的にはAGA以外の脱毛症についても広く行われるようになり脱毛症治療の主流になるかもしれません。

AGAの治療法

AGAとは男性型脱毛症のことですが、以前は「AGA」よりも「男性型脱毛症」という呼称の方が一般的に用いられていました。ではなぜAGAという呼ばれ方がこれほど広く知れ渡るようになったのでしょうか?それにはプロペシアという薬が大きく関わっています。

2005年に万有製薬によってAGA治療薬プロペシア(主成分、フィナステリド)の輸入が承認されました。当時海外では既にAGAに関する画期的な治療薬として注目されていたものでその承認と同時に「AGA治療薬」と言う言葉も一気に認知されるようになったのです。

プロペシアが承認される以前まではカツラや育毛などがAGAの治療や対処として一般的でした。しかしプロペシアが認可されたことでAGAは病気として厚生労働省に認められ病院で保険適用の治療が受けられるようになったのです。薄毛が病院で治療を受けることができる。このこと自体が日本では画期的なことなのですが、そのことを実現したプロペシアとはどのような治療薬なのでしょうか?

まずプロペシアが画期的だとされたのは世界で始めて飲んでAGAを治療する薬だということです。それまでの育毛剤は頭皮に塗布するタイプのものが主流でした。またプロペシアの持つ効果も世界初のものでした。AGAは進行性の脱毛症なので放置しているとどんどんと症状が進んでいきます。プロペシアでは主成分のフィナステリドがこのAGAの原因因子である5α-リダクターゼという酵素の働きを抑えるという作用を持ちAGAの原因因子に直接働きかけるというアプローチが可能になりました。

また多くの酵素阻害剤と同様安全性も高いとされ現在60カ国以上の国で認可されています。ただし副作用が皆無と言うわけではありません。また薬なので処方には医師による診断と処方箋が必要となります。またプロペシアはAGAに対する治療薬なのでAGA以外の脱毛症に対しては効果が確認されていないので注意しましょう。

髪型でAGAの対策

AGAで悩んでいる人は、髪型でも悩んでしまうものです。ですが、髪型を変えるだけでも効果があるのです。


AGAで薄くなってくると、多くの人が薄い部分を隠したいと、前髪を長くしたり、頭頂部を長くしたりして地肌が見えないようにする傾向にあります。これ自体は悪いことではないのですが、薄毛が進んでしまうと逆に薄毛が目立ってしまう事にもなります。


場合によっては、逆に髪の毛を短く切った方が目立たなくなることもあるのです。俳優の竹中直人さんやタレントの所ジョージさんなどは、かなりの薄毛なのですが、それも髪型を短くしたり、極端に髪の色を変えたりすることで目立たなくなっています。仕事の都合上、所さんのように金髪までは出来ないにしても短くすることは可能だと思います。 また、髪を短くすることで目立たなくするだけでなく、AGA改善にもなるのです。それは髪の毛が短くなる事でシャンプーをしやすくなり、頭皮を洗い残しが少なく清潔に保つことができるのです。また、通常時も髪が長い人よりも通気性がよく細菌が発生しにくい環境を作り出すことができるのです。


また、髪の毛が長いとブラッシングなどで、細くなった髪の毛が引っ張られて抜けてしまうということもありますし、静電気が発生しやすくもなるのです。どうしても髪の毛は短くしたくないという人は、軽くパーマなどをかけてボリュームを出すという方法もあります。これは特に頭頂部が薄くなってきている人には有効な髪型といえます。ですが、最近のパーマ液は刺激が少ないものも出ているとはいえ、少なからず頭皮には悪影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。


このように、かつらや植毛などのように高いお金をかけなくても、髪型でも薄毛を目立たなくすることはできるのです。

かつらでAGAの対策

AGAの対策として、かつらをつけるという方法もあります。この方法は、AGA自体を解消するというものではなく薄くなっている部分を隠すという方法です。育毛という方法は、発毛まで時間がかかりますし実際に元の髪の量に戻るという可能性は非常に低いです。


かつらは、作ってしまえば簡単に脱着できますし、一昔前までは明らかにカツラを被っているという事がわかるくらいだったのですが、最近のかつらは精巧にできているためつけているのが分からないくらいになっています。特にCMなどでも見られるようにフィルムを張り付けるタイプのかつらは全く分からないものも出ています。 その反面、かつらを使用する場合にはデメリットもかなりあります。


まず、精巧なかつらを作成するのには、かなり費用がかかるという事です。安いものではスーパーなどで数千円というものもありますが、これは間違いなくばれてしまいます。ばれないくらいのかつらですと数十万円もかかってしまうのです。またメンテナンスも必要で、数年で買い替えをしなければいけないという点もあります。


また、デメリットとして、かつらを被っていると暑い日などは特に蒸れてしまうということです。そういった状態でいると頭皮には良くない環境ですので、AGAがますます進行してしまうことにもなります。昼間はカツラをつけていても、家に帰ってきたら外し頭皮環境を整えることが重要になります。


また、かつらをつけ始めるタイミングも問題になります。例えばれにくい精巧なかつらだったとしても、昨日までは髪の毛が薄かったのに、突然増えているとなれば誰でもかつらであることに気づいてしまいます。かつらをつけ始める時は、仕事を変えた、引越をしたなどという環境が新しくなったタイミングで被るのが理想です。