AGAの対策

ストレスで抜け毛が増える

人は日々ストレスを感じています。適度なストレスは健康のためには不可欠です。しかし過度に抱えすぎると自律神経のバランスを崩してしまい頭皮や髪の毛にも悪影響を与えてしまいます。緊張の神経と言われる交感神経が優位な状態が続いてしまい、興奮状態が続いてしまいます。このバランスが乱れる事で血液の流れも悪くなってしまい、頭皮へ栄養が届きにくくなると考えられています。
 
当然ですが血行が悪くなり頭皮の毛乳頭細胞まで栄養や酸素が届かないと、細胞分裂が抑制されてしまいます。そのことで髪の毛は十分に成長できず、細い段階で抜け落ちてしまいます。過度のストレスを抱えすぎないようにするためには、とにかく意識して解消する事です。私の最大のストレス解消法は睡眠です。嫌なことが重なったり鬱憤が溜まってきたなぁと感じるときは、休日などを利用してひたすら寝ます。これかなりすっきりしますよ。
 
抜け毛が増えてきたなぁと感じたら頭皮ケアして血行を良くしてあげるのも良いでしょう。私はM-1育毛ミストを使って頭皮を良い状態に維持しています。ストレスを抱えすぎると胃がおかしくなったり仕事や人間関係にも悪影響となってしまいます。小さいことは気にしないこと。これがストレス対策でもあり抜け毛対策でもあります。小さいことを気にしてストレスを溜め込んでも、何も良いことはありません。

睡眠で抜け毛を減らす

睡眠は人が生きていく上で生理的に欠かせません。眠らないことでイライラするし、内臓や皮膚、血管などなど、体の機能が抑制されてしまい衰えてしまいます。慢性的に寝不足になっている人で薄毛になっている人は少なくありません。睡眠によってストレスの解消にもなります。逆に眠らないことでストレスが解消されず、体は不健康になる一方です。
 
髪や頭皮は生命を維持する上で優先順位が低いと言われます。そのため例えば胃が衰えたりすると血液が胃に集中し、頭皮や髪の毛まで十分に届かなくなるそうです。漢方医学では髪の毛は血余と呼ばれ、血に余裕が無いことで髪の毛の成長が鈍くなると考えられています。睡眠不足で抜け毛を増やさない為にも、質の高い眠りを意識する事が大切です。
 
人は眠ることで成長ホルモンを分泌しています。この成長ホルモンは三大栄養素であるタンパク質や炭水化物、脂質の代謝を促進すると言われます。髪の毛や頭皮はタンパク質で出来ているため成長ホルモンの作用を受けやすく、十分な成長ホルモンは髪や頭皮を元気に成長させるためには不可欠だと言われています。

育毛を意識した食事とは?

育毛において食事の重要性は説明するまでもないでしょう。体内に栄養を摂りいれるのは他でもなく食事です。体に良い栄養素を摂り入れることが、そのまま頭皮や髪にとっても良い食事といえるでしょう。私が意識している育毛のための食事としては、肥満にならない食事と同じだと思っています。
 
現代人は飽食の時代と言われ、消費カロリー以上に摂取してしまいがちです。また日本では食の欧米化などと言われ肉食を中心とした食事に偏っています。肉の摂り過ぎは腸内に悪玉菌を増やし、生活習慣病などのリスクを高めると言われています。またストレスを解消するために過食になっている人も少なくありません。高脂肪高カロリーの食事を摂り過ぎないように注意しましょう。
 
また飽食になると皮脂の分泌も多くなりやすいです。肥満になれば皮脂腺の活動も活発になり頭皮がベトツキやすくなります。毛穴を塞ぎ炎症などのトラブルを起こしやすくなってしまいます。育毛のためにも健康のためにも、肥満にならないような食事を心掛けるようにしましょう。

効果的な発毛シャンプーの使い方

毎日きちんとシャンプーをすることが、発毛効果を促すためのコツです。シャンプーを正しく使用して、髪を洗う方法も大切になります。発毛シャンプーを使う前に、ブラッシングをしましょう。髪にブラシを通すだけで、大きなごみやほこりを落とすことができ、洗髪効果を高めることができます。
 
頭皮の血流がよくなり代謝が活発になる効果もブラッシングにはありますので、しっかり髪をとかしましょう。発毛シャンプー前のブラッシングは、それだけでも相当効果があります。髪をよく濡らしてから、発毛シャンプーを三、四箇所につけて洗っていきます。指の腹を使って、頭皮全体をマッサージするように髪を洗いましょう。爪の先で皮膚を傷付けないように注意してください。
 
発毛シャンプーは塗布時間が長ければ良いと言うものではありませんので、大体1分ぐらいを目安に頭を全てシャンプーしたら今度はきれいに流します。頭皮にシャンプー液が残っていると地肌へのダメージとなりますので、しっかりと洗うことです。すすぎきれなったシャンプー液が頭に残っていると、髪や肌を傷めてしまいかねません。
 
すすぎは特に気をつけるようにします。頭皮のエリアをおおまかに4つほどに仕切って洗うと、上手にすすぐことができます。発毛シャンプーは、使いだしてから効果が実感できるようになるまで数週間かかため、まずは毎日使ってみてください。

ウーマシャンプーが一押し

シャンプーの知識とは少し違いますが、管理人のおすすめのシャンプーを紹介しておきます。タイトルにある通りウーマシャンプーが管理人一押しの育毛シャンプーです。20代前半で薄毛を経験した私ですので、これまで数多くの育毛シャンプーを使用してきました。ネットで話題になっているシャンプーは大体使ったのではないでしょうか?1本使い切らずにタンスの奥でホコリ被っているものも数本ありますね。
 
私はかれこれ1年近くウーマシャンプーを使用しています。まずこれほど長く同じシャンプーを使ったのは育毛を開始してからは初めてです。だいたい頭皮が痒いとかフケが減らないとか、頭皮に合っていないと感じてすぐに代えていました。それがアミノ酸系のシャンプーであるウーマシャンプーに代えてから、非常に良い状態をキープ出来ています。時々乾燥を感じることはありますが、ほとんど気にならない程度です。昔は頻繁に生え際のカサカサ状態が気になっていたので全然良いです。
 
ウーマシャンプーは1本で4ヶ月くらい持ちます。リンスも入らないので1ヶ月のランニングコストが1000円くらいの計算になります。これは育毛シャンプーの中でも経済的なほうではないでしょうか?毎日使うものですし高額なシャンプーでは家系を圧迫しかねません。経済的にも無理なく続けられるので助かります。

リンスの成分にも注意

育毛の為には知識も必要だと思っています。知らないがためにフケ対策とか痒み抑制などといった企業の宣伝文句に踊らされ、冷静な判断が出来なくなっている人も多いはずです。育毛に取り組む為には自分でシャンプーの成分などを判断できる目を持つことも大切です。ここではリンスについて私が知りうる育毛情報を紹介したいと思います。
 
シャンプーの成分にばかり目が言ってしまいリンスを蔑ろにしている人も少なくないでしょう。以前の私がそうでした。シャンプーは育毛シャンプーを使っているのに、リンスは家族が使っているメーカーのリンスを使う。そのような微妙な事を長いこと続けていました。そりゃフケが止まらないって嘆いているのも仕方がなかったのかなぁと思います。
 
リンスにもシャンプー同様に合成界面活性剤が使用されていることがあります。しかもリンスに含まれているものはシャンプーよりも刺激が強く強力だと言われています。リンスに含まれる合成界面活性剤として有名なものはポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩が挙げられます。シャンプーの後の素っ裸な状態でリンスの有害成分が頭皮にダメージを与えてしまう。そのような危険性が指摘されています。

シャンプーで避けたい成分一覧表

私は育毛において如何にシャンプーが大切であるか!使っているシャンプーを代えたときに感じました。それまでフケや痒みが引かず、慢性的にトラブルを抱えている状態でした。それがある人に勧められたシャンプーに代えてから、頭皮の荒れが収まりよい状態をキープ出来ているのです。それ以来、シャンプーの成分について少し勉強をしましたのでその情報をシェアしたいと思います。以下が私がシャンプーを選ぶ際に避けている成分の一覧表です。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ポリオキシエチレンエーテル
  • プロピレングリコール
  • ジンクピリチオン
  • オイゲノール
  • 安息香酸
  • エデト酸塩
  • 桂皮アルデヒド

それぞれ防腐剤、殺菌剤、着色料、石油系合成界面活性剤、香料など。それぞれに役割はあります。しかし上記成分の中の多くが化学物質に分類され皮膚障害などの危険性があると言われています。以前私が使っていたシャンプーにも上で上げた成分が二つほど含まれていました。育毛に取り組む上で良くないと言われる成分は避けたほうが無難でしょう。

シャンプーの化学物質

シャンプー選びの際に注意したいのが化学物質です。化学合成された人工の成分が頭皮にダメージを与えると危険視する声もあります。アレルギー反応や皮膚障害の原因になりえると言われます。 

シャンプー剤に含まれる化学物質としてはどのようなものがあるのでしょうか?全てを把握するのは難しいと思うので代表的な成分を紹介したいと思います。

  • プロピレングリコール
  • エデト酸塩
  • 安息香酸
  • ジンクピリチオン

化学物質は頭皮から経皮吸収され体内に蓄積されると言われます。そのこと染色体異常などの悪影響を及ぼす危険性も指摘されています。絶対に良くないとは言い切れませんが、そういった評判がある以上育毛のためにも避けたほうが無難ではないでしょうか?すべて把握するのは困難ですが、分かる範囲で化学物質を含まないシャンプーを使用するように心掛けています。シャンプー選びの際には値段や香りなどで選ばず、成分表を読んで選べるようになりましょう。

石油系合成界面活性剤入りシャンプー

シャンプーは頭皮の健康状態を左右するアイテムです。頭皮に刺激の強いシャンプーでは日々使うことで痛めつけてしまう恐れがあります。継続して使うものですので、小さな負担が大きなダメージになってしまい、脱毛の原因になってしまうこともあります。出来るだけ自身の頭皮に合っているシャンプーを使用しましょう。
 
育毛に向かないと言われるシャンプーの成分として石油系合成界面活性剤が挙げられますね。育毛の知識を齧った人であれば誰もが知っている成分です。これは人口の合成洗剤であり非常に洗浄力が強いと言われます。そのため頭皮に必要な皮脂や常在菌まで取り除いてしまう恐れがあります。そのことで頭皮の炎症やニキビなど、荒れやすい状態になってしまいます。
 
ただし石油系のシャンプーが絶対悪いというわけではありません。当然ですが賛否両論がありますし、一概に良い悪いと決める事は出来ません。しかし一般的な傾向として石油系合成界面活性剤は育毛には向かず、薄毛を気にしている人には避けられているようです。

シャンプーの種類を知ろう

シャンプーは育毛における重要アイテムです。育毛剤にばかり目が言ってしまいますが、同じくらいシャンプーも重要です。そのため知識を身に付けることが大切です。パッケージの「フケ対策に!」とか「抜け毛予防に!」などの謳い文句に振り回されないように知識武装しましょう。
 
シャンプーには大きく分けて3つの種類があります。まず多くの人が使っている石油系シャンプーですね。市販されているシャンプーの殆どがこの石油系の合成シャンプーです。合成界面活性剤を使用した非常に洗浄力の強いシャンプーです。育毛に取り組む人が避ける傾向にあるシャンプーです。
 
次にアミノ酸シャンプーが挙げられます。これはアミノ酸系の成分であるココイルやココアンホなどが含まれたシャンプーです。頭皮に近い成分だと言われるアミノ酸だけあって非常に頭皮には優しいと言われています。育毛に取り組む人が一番選んでいるシャンプーではないでしょうか?
 
最後が石鹸シャンプーですね。こちらもアミノ酸シャンプーと同じように育毛向けのシャンプーだと言われます。合成シャンプーを嫌う人が使う傾向にあります。成分としては石けん素地またはカリ石けん素地と表示されたものが純石鹸です。石鹸シャンプーと謳っていてもその中身は石油系の洗剤のほうがメインだったり、そんなシャンプーも少なくありません。