AGAの基礎知識

AGAのメカニズム

我々薄毛の人間にとって悪しき薄毛やAGA。そのメカニズムについて簡単に解説したいと思います。よく薄毛は遺伝だと一言で片付けてしまう人がいますが、それは如何なものでしょうか?遺伝だとは言え、私の家系のように弟はフサフサなのに兄の私は若ハゲという不可思議な事が起きます。父もハゲ、祖父もハゲ、そのため小さい頃からハゲになると回りに言われ続けてきました。それが私だけがハゲてしまい弟はフサフサの状態をキープしています。
 
私の話は置いといて(笑)、AGAのメカニズムについて解説したいと思います。AGAは一般的に男性ホルモンが原因だと言われます。この男性ホルモンはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれ、男性らしい体格などを形成するホルモンであるテストステロンが活性化して出来るホルモンです。このDHTを別名脱毛ホルモンと呼んだりします。
 
このDHTが毛乳頭細胞でアンドロゲンレセプターと呼ばれる受容体に結合されます。そのことで脱毛因子となるタンパク質が生成され、それが毛母細胞の活動を抑制しAGAを起こすと考えられています。
 
他には食生活や生活スタイルなどの後天的な原因も挙げられています。遺伝だけが全てであれば同じ家系に生まれた兄弟にこれほどまで差が出るでしょうか?仮に出たとしても、薄毛の人が育毛対策をする事で再生できている事実は存在します。そのため薄毛であるからと育毛を放棄するのではなく、諦めずに育毛に取り組みましょう。私事ではありますが、若かりし頃の薄毛も中年手前を迎える現在、問題なく再生できています。

AGAと発毛のしくみ

AGA(男性型脱毛症)と発毛のしくみについて説明します。頭髪は肌の角質層が変化してできたもので、たんぱく質を主成分とし、他に約20種類ほどのアミノ酸で構成されています。頭髪の生成には十分な栄養分が必要とされ、その栄養分が不足すると健康な髪が育たなくなり抜け毛や薄毛の原因となります。

毛髪は皮膚の一部と考えられていますが、皮膚細胞と大きく異なる点は「髪は死んだ細胞で作られているため自己修復ができない」と言うところでしょう。健康な毛髪でも死んだ細胞から作られているのはちょっと奇妙な感じがしますが、このことからAGAに限らず健全な毛髪を作り維持していくためには先ず毛髪を傷つけないことが大事なポイントとなります。

次いで発毛のしくみについて説明します。髪は地肌から出ている「毛幹」と地肌の中にある「毛根」とに分けられます。一般的に地肌から出ている毛幹部分を指して毛髪と言いますが、その毛髪を生成しているのは毛根です。毛根には毛球と呼ばれる部分があり、そこで毛母細胞に必要な栄養素を送ると毛母細胞は分裂、成長を始めます。

これが発毛のメカニズムです。このように発毛とは毛母細胞に十分な栄養素を送ることが非常に重要なため、頭皮の毛細血管の果たす役目もとても重要といえます。薄毛対策のヘアケアで頭をたたくようにマッサージしているのは頭皮の毛細血管を刺激して血行を促進させるためです。

髪の毛には発毛してから脱毛するまでのサイクルがあり、それをヘアサイクルと呼んでいます。AGAの場合、男性ホルモンの影響で、このヘアサイクルの休止期と呼ばれる状態の髪の割合が増えるのです。ヘアサイクルは大きく3つの時期に分けられています。新しい髪を作り出す時期を成長期と言います。サイクルは大体3年から5年と言われています。

髪の毛全体の80%から90%がこの成長期の髪で強くしなやかな毛髪です。髪の成長が弱まる時期を退行期と言います。サイクルは2週間から3週間で、髪の毛全体の1%程度がこの時期に当てはまります。また髪の成長が完全に止まっている時期を休止期と言い、サイクルは3ヶ月から4ヶ月程度です。この時期に入るとまた成長期に入り新しい毛髪が作られます。休止期の割合は髪の毛全体の10%から20%ですが、AGAの場合、この休止期の毛髪が増えていると考えられています。

AGAの基礎知識

AGAって何だろう?

AGA(エージーエー)とは、男性型脱毛症のことで、25歳後半から30歳頃から徐々にその症状があらわれてくるのです。AGAで悩んでいる人はかなりの数にのぼり、様々な改善策や商品が作られています。


AGAの原因となっているのは、主に遺伝ということが多いのですが、厳密にいえばAGAが遺伝するというのではなく、AGAになりやすい体質や習慣が遺伝するのです。そのため、同じAGAになりやすい体質であっても食生活や生活習慣、日頃のケアなどでその発症を遅らせることもできますし、逆にはやめてしまうこともあるのです。


AGAになりやすい原因としては、食生活の欧米化、運動不足、ストレスなどがあり、喫煙やお酒の飲み過ぎでも進行をはやめてしまします。


AGAの対策としては、シャンプーや育毛剤、サプリメントなどを使って髪の発毛を手助けするという方法が一番ですが、すぐに効果があらわれるものではなく、使い続けることがポイントになります。 育毛以外に、AGAで薄くなってしまった時の対策として、増毛や植毛、カツラなどを用いるという方法もあります。またヘアースタイルによっても薄毛を目立たなくさせることもできます。


AGAで髪の毛が薄くなってしまう兆候というのもありますので、兆候があらわれ始めたら、すぐに頭皮ケアなどを行って進行を遅らせる努力が必要です。主な兆候として、頭皮が硬くなったり、頭皮の表面が赤くなったりする場合にも注意が必要です。また毎日のスタイリングがしやすくなった、逆にスタイリングがしにくくなったという場合にも気をつけなければならないです。


抜け毛や薄毛というのはいろいろな人が悩んでいるもので、いろいろな俗説も言われています。その俗説が必ずしも間違っているというはないのですが、間違った理解をしていると逆にAGAを進行させてしまう事にもなります。 AGAの原因や対策などをしっかり知っておけば、今悩んでいいる人にとって少なからず効果はありますし、これからAGAになりやすい年齢を迎える人や、なりやすい傾向にある人には予防対策にもなりますので、参考にしてみるといいです。

AGA以外の抜け毛

抜け毛にはAGA(男性型脱毛症)の他にも様々な原因による抜け毛があります。 よく聞いたことのある脱毛症には、円形脱毛症があります。これは年齢や性別に関係なく発症するもので、その名の通り円形に抜け落ちるのが特徴です。


円形脱毛症になってしまう原因にはストレスが大きく関係しているようで、半数以上の人は自然に治っていくのですが稀に円形になってしまった部分が白髪となってしまうケースもあります。


女性特有の抜け毛には、びまん性脱毛症があります。びまん性脱毛症というのはAGAの女性型のようなもので、年齢が進むにつれて増えてくる脱毛症です。AGAは前頭部や頭頂部から毛が抜け落ちていくのに対し、びまん性脱毛症は頭皮全体が薄くなっていくというタイプになりますので、AGAのようにはっきりと無くなってしまうという事は少ないようです。


またびまん性脱毛症以外にも女性ならではの脱毛症があります。その一つは出産による脱毛症で、出産が終わると髪の毛が抜けてきてしますというタイプで、時間が経過すれば徐々に回復していきますので心配は要りません。また女性の髪型でポニーテールや髪を結ぶ髪型にしている人もいますが、いつもその髪型をしていると髪が引っ張られ続けることによる脱毛症、牽引性脱毛症となってしまうことがあります。


このタイプの脱毛症の場合には髪型を変えることで回復する事もありますが、場合によっては回復しないこともありますので、脱毛症となる前に時々髪型を変えたりすることが大切になります。 その他には、抗がん剤治療などの薬による脱毛症などもあります。 このように抜け毛といっても、様々なタイプがありますので、自分のタイプをしっかり見極めて対策を練ることが大切です。

AGAになりやすい年齢

AGAには、なりやすい年齢というのがあります。なりやすいというより正確に言えば、ある年齢を過ぎた頃から徐々に気になりはじめ、年々進行が進んでいくのです。その年齢というのが、30歳前後が多いとされています。ですがこれには個人差もあり、早い人では20歳を越えたあたりから異変が起きてくる場合もあります。


統計的に30歳前後にAGAの症状、わかりやすく言うと抜け毛になり生え際が上がってきて、薄くなってくるのです。ですが、30歳で抜け毛が多くなり生え際が上がるという場合には、それよりも前に何かしらの兆候があらわれてくるものですので、実際には25歳を過ぎたあたりから、AGAの影響が出てくるのです。


ですが、実際に気になり始め何らかの対策を始めるのは、30歳を過ぎ、もうすでに髪の毛が細くなり薄くなってきてしまってからという人が多いのです。まだ細くなっても髪の毛が残っているうちには髪の毛を太くしていく事は可能性があるのです。


ですが、一度抜け落ちてしまい、その後毛穴から細い髪の毛も生えてこないという状態になると、毛穴がなくなってしまい、髪の毛を作り出す毛母細胞も消滅してしまうので、発毛は難しくなってくるのです。 ですので、育毛や頭皮ケアをおこなうのは、抜けてしまう前で、できれば目に見えないAGAの影響が出てき始める25歳前後から始めるというのが理想のようです。


AGAは遺伝の要素が強いのですが、日常のケアや生活習慣などでも回避、または遅らせることは十分に可能ですので、もし自分が遺伝的にもAGAになりやすい体質なのではないかと思った人は、早めにケアをすることをおすすめします。

なぜ抜け毛になる?

抜け毛になるメカニズムは、成長期を経て毛母細胞での細胞分裂がおこなわれなくなり退行期・休止期へ移行し脱毛となっていきます。


このヘアサイクルが基本ではあるのですが、成長期が数年続くはずの髪の毛が様々な原因により、すぐに退行期・休止期へと予定より早く移行するとAGAなどの抜け毛になるのです。


その様々な原因がAGAとしての抜け毛の進行と密接な関係があるのです。その一番の原因としては遺伝ということがありますが、遺伝であっても生活習慣や食生活によりAGAの進行を早めてしまうことや、遅らせることも可能なのです。まず、食生活が植物性食品の多い日本食から、肉類や乳製品などの動物性食品が多い欧米食へと変化してきたということがあります。


生活習慣においては、運動不足や、ダイエットによる偏食や栄養不足なども大きな原因となっています。また、ストレスを抱える事も大きな原因となっているようです。喫煙は身体にももちろん悪いですが、血流が悪くなる事により髪の毛の成長を妨げる原因にもなります。アルコールもちょっと飲む分には問題が無いのですが、飲みすぎると血流が悪くなったりしますので、髪の毛には悪影響を及ぼします。


どれが原因でAGAになるとは一概には言えませんが、こういった原因が継続的になってしまうと、AGAが進行してしまうことは間違いのないことのようです。 こういった原因を排除することがAGAの進行を遅らせたりするのに重要ですが、AGAだけでなく身体のためにも大切なことです。

発毛のメカニズム

AGA対策を講じる前に、しっかりとした発毛のメカニズムを知っておくことも重要になります。


髪の毛は、まず皮膚の中にある毛母細胞で細胞分裂が行われ髪の毛が発毛します。この際に毛母細胞へ毛細血管から髪の毛の発毛に必要な栄養分が運ばれてくるのです。そのため、偏食や栄養不足になると十分な栄養素が毛母細胞に運ばれなくなるため、しっかりとした発毛ができなくなるのです。また、血液の循環も悪いと十分な栄養素を届けることもできなくなるのです。


髪の毛というのは、生えてきたらずっと伸び続けるというわけではなく、ヘアサイクルがあり、そのサイクルで髪の毛が生え、抜けていくのです。ですので、正常な人でも1日に数十本の抜け毛はあるのです。


ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期、脱毛期の4つに分けられ、成長期は髪全体の80~90%を占めており、その名の通り毛母細胞にて細胞分裂が活発に行われ髪の毛が順調に成長している状態です。退行期は、髪全体の1%を占め、細胞分裂が減少し、髪の毛の成長が悪くなります。この期間は約2~3週間で、この期間を過ぎると休止期に入ります。


休止期は髪全体の10~20%を占め、細胞分裂が完全にストップします。この期間は3~4ヶ月続き、その後脱毛期で完全に抜け落ちてしまいます。成長期が一番期間が長く正常な男性では3~5年続くと言われています。この期間になんらかの異常がおこるとすぐ退行期・休止期へと移行してしまい抜け毛となってしまうのです。これがAGAなどの異常な脱毛症なのです。

AGAとは

AGAという言葉は、最近CMなどで頻繁に出てきていますが、その意味について詳しく知っている人は少ないようです。


AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味になります。男性型脱毛症と言うのは、その名の通り男性が薄毛になる場合の薄くなりかた(禿げかた)になります。


髪の毛が抜けるという場合にはいろいろな原因があり、その抜け方も異なりますが、このAGAは25歳~30歳前後の頃から薄くなるタイプで、額の生え際や頭頂部から薄くなっていくというタイプになります。生え際といっても、額の中央を除く両生え際から薄くなっていくもので、俗称M字ハゲと呼ばれています。


AGAは全国で1,260万人いると言われており、少なからず多くの人がAGAで悩んでいるようです。AGAは進行型タイプとなりますので、円形脱毛症のように突然禿げてしまうのではなく、徐々に薄くなっていくというタイプになります。そのため、AGA対策としては早めに取り組むのが一番効果があるのです。


近年は食生活や生活習慣の変化によりAGAになる人が増えていると言われており、発症する年齢も早くなってきていると言われています。AGA対策には。そういった食生活や生活習慣の改善も重要ですし、その他に日頃の頭皮ケアも重要になってきます。 AGAは遺伝による要因がとても強いと言われていますが、遺伝だとしても日頃のケアや食生活・日常生活の改善で遅らせることも可能ですので、しっかりとした知識をもって対策を講じることがとても有効策となります。