かつらに関して

かつらのヘアセット~生え際

高価なかつらを使っていても、ヘアセットがうまくできなければ、
どうしても不自然なスタイルになってしまいます。
そこで、自然な感じに仕上げるヘアセットの方法を紹介します。
今回は、生え際のラインを自然に見せるヘアセットの方法です。
生え際があるかつらを使用している人のヘアセットは、生え際のラインをぼかすことが、ヘアセットの決めてになります。
かつらのフロント部にある、細かな髪の毛を根元から持ち上げすぎないように注意して、ヘアセットを行いましょう。
例えば、オールバックスタイルにする場合、一度前に髪の毛をブラシで下ろし、そこから毛先を持ち上げるようにセットしていきます。
このように、細かな毛をフロント部に残すようにセットすることで、
自然な感じに仕上がりますので、一度やってみてください。

かつらのヘアセット~分け目

高価なかつらを使っていても、ヘアセットがうまくできなければ、
どうしても不自然なスタイルになってしまいます。
そこで、自然な感じに仕上げるヘアセットの方法を紹介します。
かつらを自然な感じでセットするためには、髪の分け目がポイントになります。
特に分け目のあるかつらを利用している場合は、この分け目のヘアセット次第で、自然にも不自然にも仕上がりますので、しっかりポイントをおさえておきましょう。
まず、かつらの分け目の部分に、ヘアブラシを垂直にあわせます。
フロントの生え際に向かって分け目をぼかし、
髪の毛の中間部ぐらいから両サイドに分け、自然な分け目を作ります。
びしっと髪を分けるのは、かえって不自然になりますし、
分け目の部分から髪の毛が減ってしまいますので、やめましょう。
自然な髪の分け目を作り、かつらをうまく利用しましょう。

かつら 仮装ウィッグ

かつらと言っても様々な種類のものがありますが、最近ではウィッグと言い、日常的なかつらと言うよりは、ファッションや仮装のためのウィッグが多くなってきたように感じます。
一部の若い世代には、アニメーションやマンガ、ゲームなどのキャラクターや、様々な職業の扮装をする、仮装となるコスプレ(コスチュームプレイ)が流行しています。
それには、もちろんかつらであるウィッグが必要となりますが、専門のお店で扱っているようです。
また、コスプレイヤーの中には、衣装を手づくりする人もいて、それと一緒に、ウィッグも作ってしまうということです。
コスプレイヤーの専門のお店では、カラーバリエーションが豊富で、ストレートやレイヤー、シャギー、かんざしのようにつけるウィッグなどが販売されています。
コスプレ用のかつらであるウィッグとして販売されていますが、普段使いのウィッグとしてもおかしくないものも多くあります。
興味のある方は、一度、ホームページなどのぞいてみてはいかがですか。

花魁かつらの正式名称は?

時代劇によく出てくる、結い髪に色とりどりの簪(かんざし)を
付けている最高位の遊女・女郎でおなじみの花魁(おいらん)の艶姿は
舞妓さんとはまた一味違った風情を醸し出していますよね。
舞妓さん様のかつらがあるのと同様に花魁にもかつらがあります。
花魁の身分の人がしていた髪型の正式名称は「横兵庫」というそうです。
横兵庫は、髷を立てずに、あえて寝かせ真ん中を毛先で巻いていきます。
また、髷を高く立てて、髷の先をひねって作り上げる「立兵庫」
という髪型も花魁の髪型として知られています。
花魁姿での撮影が可能なところもありますが、舞妓さんとは違い
花魁の場合は全かつら(オールタイプ)でのかつら装着が多いようです。

かつら:結婚式のかつら合わせ

人生一度?!となる結婚式や披露宴を、和装で行う場合には、和装用のかつらを合わせる「かつら合わせ」が大切です。
かつら合わせで、実際にかつらをつけてみて、自分の頭の形にぴったり合うかということが一番重要です。
また、髪(びん)の張り具合や髷(まげ)の高さや、自分の顔立ちに似合うかということも確認が必要です。
結婚式から披露宴など、長時間つけるかつらなので、和装かつらが痛いところなどがあれば、直してもらいます。
結婚式の1~2週間前に、かつら合わせは行うことが多いので、結婚式のための髪型(髪を切ったりパーマなど)にしておくことが大切です。
洋装の結婚式や披露宴の場合は、ウェディングドレスが決まってから、髪型を考えます。
自分の髪ではなく、ドレスに合わせて、洋装のかつらを使用することもあるでしょう。
その場合も、もちろんかつら合わせは大切です。
選んだドレスに合うかどうか、自分の顔立ちに似合うかどうか、美容師さんと相談しながら決めることが多いようです。

かつらでスポーツ?

かつらを装着したままスポーツする事は、可能でしょうか。
調べた結果、そのスポーツの種類によるようです。
例えば、ゴルフなどは、かつらを装着したままでも、頭に対する大きな動きはないので、影響は恐らくないと思われ、たぶんゴルフ選手の中にも、かつらをしている選手がいるのではないでしょうか。
かつらで、注意が必要な運動は水泳です。
1つ目の理由は、かつらへ水圧の影響がある事です。
もうひとつは、塩素の影響です、かつらに限った事ではなく、塩素は髪に悪影響をあたえます。
かつらを付けてない人でも、プールで水泳を長く続けていると、髪の色が変色してきます。
スポーツが趣味の人は、かつら購入時に相談しておく必要があると思います。
かつらを装着していても、問題なくできるのかという疑問を解決しておかないと、趣味のスポーツも安心して楽しめなくなるかもしれません。

18世紀のかつらブームのはじまり

18世紀頃、フランス宮廷で巻き起こった「かつらブーム」は、
映画やメディアなどでマリーアントワネットが再注目
されたことで身近な知識として知られるようになりました。
フランス宮廷でのかつらブームの始まりは、クラシック音楽アマリリスの作曲家でもある「ルイ13世」が発端だといわれています。
ルイ13世は、妻であったアン王妃の不貞や友人との絶交などといったことが精神的ストレスとなり、脱毛の症状が悪化したために、22歳の若さでかつらを装着することとなったのです。
当時ルイ13世に使えていた廷臣達が、ルイ13世だけにかつらを装着させていることに気まずい思いを感じたため、ルイ13世に使えていた人がこぞって自らかつらを装着する事となった事柄がフランス宮廷においてのかつらブームの始まりであったとされています。

かつらはバレない?

これから、かつらを利用しようとしている人も、現在かつらを使用している人も、
かつらをつけている事が、バレるかどうか気になると思います。
かつらは、何も手入れをしない場合、バレないとはいい難いものがあります。
どんなに高いいいかつらでも、髪をとかす事さえしないようでしたら、
絶対に違和感が出てきます。
かつらを使用している事がバレないためにも、かつらの手入れや、
使用する際のセット、かつらの痛みなどに気を使いましょう。
また、自分で考えたセット方法などは、バレる可能性がありますので、
止めた方がいいでしょう。
かつらの利用方法さえきちんと守れば、ほとんど自然な形で使用する事ができるので、自信を持って使用するといいでしょう。

18世紀のかつら事情

近年映画や書物などで「マリーアントワネット」が人気をよんでおり
アントワネットの人気に伴うかのように、マリーアントワネットが生存していた
ロココ時代、18世紀のファッションや歴史に関しても
注目されるようになってきました。
18世紀において髪型は男性にとっても女性にとってもとても重要視されており
おしゃれやお化粧の一部としてヘアスタイルにもこだわりを持っていたようです。
18世紀(ロココ時代)、かつらは特に男性に愛好されており、様々なシーン別に
合わせていくつものかつらを使い分けていたようです。
この頃の女性の髪型の特徴は、ポンパドゥール夫人の時代はコンパクトにまとめた
ヘアスタイルが主流でした。
しかし、マリーアントワネットの時代に入ると、前髪を高くし、飾りなどをつけた
巨大的なヘアスタイルへと移行していきました。

かつらの現状

現在、成人男性の4人に1人は、薄毛に悩んでいるといわれているそうです。
また、女性の薄毛も増加傾向にあるそうで、薄毛の悩みは、
男女問わずに悩んでいる人が増えているというのが、現状です。
その中で、かつらを使用している人は、どのぐらいいるのでしょうか?
かつらを使用しているというのは、デリケートな問題ですので、
正確な数値はわかりませんが、推定100万人以上の人は、
かつらを使用しているといわれています。
また現在は、若い年代の男女にも、薄毛の問題が起こっているようで、
髪のボリュームアップをするために、
かつら(ウィッグ)を使用している人が増えているのが現状です。
このようなことから、かつらは、老若男女問わず、
需要が増えているという現状にあるといえます。