AGAという言葉は、最近CMなどで頻繁に出てきていますが、その意味について詳しく知っている人は少ないようです。


AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味になります。男性型脱毛症と言うのは、その名の通り男性が薄毛になる場合の薄くなりかた(禿げかた)になります。


髪の毛が抜けるという場合にはいろいろな原因があり、その抜け方も異なりますが、このAGAは25歳~30歳前後の頃から薄くなるタイプで、額の生え際や頭頂部から薄くなっていくというタイプになります。生え際といっても、額の中央を除く両生え際から薄くなっていくもので、俗称M字ハゲと呼ばれています。


AGAは全国で1,260万人いると言われており、少なからず多くの人がAGAで悩んでいるようです。AGAは進行型タイプとなりますので、円形脱毛症のように突然禿げてしまうのではなく、徐々に薄くなっていくというタイプになります。そのため、AGA対策としては早めに取り組むのが一番効果があるのです。


近年は食生活や生活習慣の変化によりAGAになる人が増えていると言われており、発症する年齢も早くなってきていると言われています。AGA対策には。そういった食生活や生活習慣の改善も重要ですし、その他に日頃の頭皮ケアも重要になってきます。 AGAは遺伝による要因がとても強いと言われていますが、遺伝だとしても日頃のケアや食生活・日常生活の改善で遅らせることも可能ですので、しっかりとした知識をもって対策を講じることがとても有効策となります。