睡眠で抜け毛を減らす

睡眠は人が生きていく上で生理的に欠かせません。眠らないことでイライラするし、内臓や皮膚、血管などなど、体の機能が抑制されてしまい衰えてしまいます。慢性的に寝不足になっている人で薄毛になっている人は少なくありません。睡眠によってストレスの解消にもなります。逆に眠らないことでストレスが解消されず、体は不健康になる一方です。
 
髪や頭皮は生命を維持する上で優先順位が低いと言われます。そのため例えば胃が衰えたりすると血液が胃に集中し、頭皮や髪の毛まで十分に届かなくなるそうです。漢方医学では髪の毛は血余と呼ばれ、血に余裕が無いことで髪の毛の成長が鈍くなると考えられています。睡眠不足で抜け毛を増やさない為にも、質の高い眠りを意識する事が大切です。
 
人は眠ることで成長ホルモンを分泌しています。この成長ホルモンは三大栄養素であるタンパク質や炭水化物、脂質の代謝を促進すると言われます。髪の毛や頭皮はタンパク質で出来ているため成長ホルモンの作用を受けやすく、十分な成長ホルモンは髪や頭皮を元気に成長させるためには不可欠だと言われています。

SNSでもご購読できます。