シャンプーの化学物質

シャンプー選びの際に注意したいのが化学物質です。化学合成された人工の成分が頭皮にダメージを与えると危険視する声もあります。アレルギー反応や皮膚障害の原因になりえると言われます。 

シャンプー剤に含まれる化学物質としてはどのようなものがあるのでしょうか?全てを把握するのは難しいと思うので代表的な成分を紹介したいと思います。

  • プロピレングリコール
  • エデト酸塩
  • 安息香酸
  • ジンクピリチオン

化学物質は頭皮から経皮吸収され体内に蓄積されると言われます。そのこと染色体異常などの悪影響を及ぼす危険性も指摘されています。絶対に良くないとは言い切れませんが、そういった評判がある以上育毛のためにも避けたほうが無難ではないでしょうか?すべて把握するのは困難ですが、分かる範囲で化学物質を含まないシャンプーを使用するように心掛けています。シャンプー選びの際には値段や香りなどで選ばず、成分表を読んで選べるようになりましょう。

SNSでもご購読できます。