石油系合成界面活性剤入りシャンプー

シャンプーは頭皮の健康状態を左右するアイテムです。頭皮に刺激の強いシャンプーでは日々使うことで痛めつけてしまう恐れがあります。継続して使うものですので、小さな負担が大きなダメージになってしまい、脱毛の原因になってしまうこともあります。出来るだけ自身の頭皮に合っているシャンプーを使用しましょう。
 
育毛に向かないと言われるシャンプーの成分として石油系合成界面活性剤が挙げられますね。育毛の知識を齧った人であれば誰もが知っている成分です。これは人口の合成洗剤であり非常に洗浄力が強いと言われます。そのため頭皮に必要な皮脂や常在菌まで取り除いてしまう恐れがあります。そのことで頭皮の炎症やニキビなど、荒れやすい状態になってしまいます。
 
ただし石油系のシャンプーが絶対悪いというわけではありません。当然ですが賛否両論がありますし、一概に良い悪いと決める事は出来ません。しかし一般的な傾向として石油系合成界面活性剤は育毛には向かず、薄毛を気にしている人には避けられているようです。

SNSでもご購読できます。