頭皮が乾燥する原因は?

頭皮も皮膚の一部で出来ています。ケラチンというタンパク質で出来ています。頭皮は乾燥しやすく、また脂性にもなりえます。非常に敏感な皮膚であり、育毛においては頭皮の状態が大きく影響します。
 
頭皮が乾燥する原因は、皮脂が不足しているためです。頭皮には皮脂膜が出来ており、乾燥や常在菌の繁殖を抑制しています。この皮脂が不足することで、頭皮の保湿力が失われてしまうのです。ではなぜ皮脂が不足してしまうのでしょうか?
 
その最も有力な原因は「シャンプーによる過剰洗浄」が挙げられます。皮脂を悪者だと勘違いしてしまっている傾向があります。というのも、テレビCMや雑誌などで毛穴に詰まった皮脂こそが抜け毛の原因である!と大々的にアピールしすぎです。皮脂を落とすことこそが育毛だと勘違いしてしまうのです。
 
もうお分かりでしょうが、皮脂を取り除きすぎると乾燥してしまいます。頭皮が乾燥すればフケが多くなり、かゆみが酷くなります。とても健康な髪の毛が育てる環境ではなくなってしまいます。AGAで悩んでいる人のほとんどが頭皮にトラブルを抱えているそうです。頭皮の健康のためには適度な皮脂は不可欠なのです。

SNSでもご購読できます。