薄毛に悩む現代女性

薄毛、抜け毛の悩みはこれまで男性特有のものだと思われてきました。しかし近年薄毛に悩む女性の数が急増しています。ある統計では日本国内で薄毛、抜け毛に悩む女性の数は推定で600万人。日本女性の約10人に1人の割合で薄毛や抜け毛に悩んでいるという計算になります。女性の薄毛の場合、原因はいろいろとありますが男性に比べて改善する可能性が高いといわれています。

女性特有の脱毛症について正しい知識を身につけることで薄毛や抜け毛の悩みから開放されましょう。女性の脱毛症で最も多いのがびまん性脱毛症です。これは頭部全体の髪の毛がほぼ均等に脱毛し、全体が薄くなっていく病気ですが、女性の場合は特に髪の毛の分け目に薄い部分が目立つようになります。

原因の第一位と考えられるのは高齢化社会への推移に伴う老化です。老化により頭皮の代謝が下がり、髪の毛全体に必要な栄養素が行き渡らなくなることが最も可能性として高いのです。その証拠にびまん性脱毛症は中年以降の女性に多く見られます。また白髪染めやブリーチ、メッシュ、パーマなど髪の毛と頭皮にダメージを与える美容法も原因となっていると推測されます。

加えてストレスや極端なダイエット、傾向避妊薬(ピル)の常用、過度のヘアケアなどもびまん性脱毛症の原因となります。びまん性脱毛症の場合、男性型脱毛症とは異なり、前頭部の生え際が後退するなどの症状が出ることはありません。治療と対策としては正しいヘアケアとミノキシジルなどの育毛剤の併用で症状が改善すると考えられます。

また女性の場合は妊娠後期になると女性ホルモンのエストロゲンが異常に増加するために、ヘアサイクルの成長期が長期化します。そのため一時的に抜け毛が減少します。そして出産後ホルモンバランスが元に戻ることで成長期を維持していた毛髪が一斉に休止期に入り抜け毛が突然増えます。

ただしこれは女性特有の生体サイクルの一環なので通常は1年ほどで元に戻ります。ただし最近では女性の社会進出などによって婚期が遅れ高齢出産するケースが増えてきました。また社会的なストレスにさらされる機会も増加したため、そこに産後のストレスが重なることで完治が困難になる可能性があります。

また流行のヘアスタイルの為に髪の毛を強く引っ張ることで起こる脱毛もあります。これを牽引性脱毛症と言います。これは外的要因がはっきりとしているため、少しでも早く髪の毛を強く引っ張ることを止めて早期に適切なヘアケアをすることで改善されます。

SNSでもご購読できます。