薄毛と生活習慣

生活習慣は意外なほど脱毛症と関係が深いものです。ここでは脱毛症に関係性が深いと思われる生活習慣の例を紹介します。まずは飲酒です。実は飲酒そのものが髪に悪影響を及ぼすということはまだ実証されていません。

アルコールは「百薬の長」や「命の水」と例えられるように適量の飲酒を守っていればストレスを解消し、頭皮の血行を良くすると考えられています。しかし、一定量を超えると血液のめぐりが悪くなり、結果として髪にも悪影響を与えると考えられています。

髪はケラチナミンと言うたんぱく質から出来ています。ケラチナミンは肝臓で生成されるのですが、過度の飲酒は肝臓にダメージを与え、ケラチナミンの生産量を低下させてしまいます。また肝臓だけでなく飲みすぎは胃腸にもダメージを与えています。胃腸の機能が弱ることで消化吸収がうまくいかなくなり髪に十分な栄養素が供給できなくなるのです。

喫煙は脱毛症にとって最大の敵と言えるでしょう。なぜなら喫煙によって体内の血管は収縮し、血行不良を引き起こすからです。結果とし頭皮の血行も悪くなり、毛乳頭に十分な酸素と栄養素が行き渡らなくなります。薄毛に悩む人はすぐにでも禁煙されたほうが良いでしょう。

ストレスによって与えられる精神的緊張もまた血管を収縮させます。現代では仕事による社会的ストレスや対人ストレスなど様々なストレスに見舞われるケースが増えました。このため自分なりのストレス解消法を見つけるなどしてストレスと上手に付き合うことが脱毛症を含めた様々な病気の予防につながります。

発毛や育毛にはゴールデンタイムというのが存在します。じつは身体が活発に活動している日中は体の各部に血液が流れるために交感神経が活発化し末端の細い動脈を収縮させます。そのために頭皮でも血流が鈍っています。それが午後10時から午前2時にかけての時間帯は通常人は休眠状態に入っているため末端の細い動脈が拡張され、体中に栄養素が運ばれているのです。

これを「発毛のゴールデンタイム」と呼びます。ただし、このゴールデンタイムに起きて活動してしまうと再び末端の動脈は収縮してしまいます。薄毛対策には睡眠時間というのもとても大切なのです。

SNSでもご購読できます。