洗髪

脱毛症の多くは頭皮を不衛生な状態にしてしまうことで発病します。また遺伝因子が発病の一因とされているAGAにしても頭皮を清潔にしておかなければ発症を早めたり進行を速めたりします。毎日の洗髪はとても大切なヘアケアであると言えるでしょう。

一般的に洗髪といえば髪の毛をもみ洗うことと捉えられがちですが、抜け毛の予防に役立つ洗髪とは頭皮を指の腹で優しくマッサージするようにすることが大事です。決して爪を立てたり力を込めてごしごしと洗ったりして頭皮を傷つけないようにしましょう。

頭皮は新陳代謝によって毛穴から分泌される皮脂や頭皮の細胞分裂で剥がれ落ちる表皮の垢、外気に漂う細かい埃やカビ菌などによって汚れます。これらの汚れを落とすことで頭皮は清潔に保たれます。またマッサージすることで頭部の毛細血管を刺激し、血管を拡張させ毛根になる毛乳頭に十分な栄養と酸素を運びます。

そうすることで毛母細胞は活性化し、健康な髪の毛が成長するのです。また洗髪の後は十分にすすぐことが大事です。洗い残したシャンプーなどの成分が酸化したりすると頭皮と毛穴が炎症を起こし大量のフケを発生させて悪影響を招くことがあります。また洗髪の際、あまり力任せにごしごしと洗ってしまっては頭皮を傷つけてしまったり健康な毛髪のキューティクルもはがれ落としてしまったりと、却って逆効果になることがあります。

また香料や着色料など成分によっては肌が敏感な人には好ましくない場合もあります。洗髪で頭皮と毛髪にダメージがあった場合は速やかに皮膚科を受診し、薬用で低刺激性のシャンプーを使うなどして正しいヘアケアを心がけましょう。

SNSでもご購読できます。