カツラ

カツラは脱毛症にとって代表的な対処策です。現在AGAには投薬治療が用いられるようになり一定の効果を上げていますが、薬の効果が現れるまでには時間がかかります。したがって現在でも薄毛に気づき始めた頃からカツラを併用しながら治療に当たるケースが多いようです。

カツラには「全カツラ」「部分かつら」「医療用カツラ」など様々な種類があり、脱毛症の種類や病態によって使い分けられています。具体的には素材によって「人毛カツラ」と「「人工毛カツラ」に分類されています。

人毛カツラは自然な見栄えで、人工毛カツラは強度に優れているというメリットがあります。ただ、当然のことですが、カツラは本物の毛髪が増えるわけではありませんので、育毛などのヘアケアと脱毛症治療との併用が望ましいと思います。

一般的にはカツラの使用には抵抗のある人が多いと思いますが、カツラのメリットはすぐに脱毛症による薄毛部分をカバーできることにあります。これは他の薄毛対策には無いメリットと言えるでしょう。AGAに対しての薬物治療も100%効果があるとは限りませんし、植毛などは手術を受ける必要があります。

またどちらも生えそろうまでに相当の時間がかかります。それに比べカツラにはすぐに薄毛箇所を覆うことができるのです。しかしカツラは消耗品ですので、定期的に増毛や部品交換などのメンテナンスが必要ですし、見栄えの自然なものは費用もそれなりにかかります。

まして、症状がかなり進んでからでは却って不自然に見えることもありますので、薄毛が気になった場合は直ちに専門医やヘアケアサロンに相談の上、自分に見合った形でのカツラの使用が大切となります。

SNSでもご購読できます。