老人性脱毛症

老人性脱毛症とは性別に関係なく60歳を超えた人に脱毛や薄毛が多く見られるようになる状態です。加齢とともに人は細胞の活性が鈍り、新しい細胞を作る力が衰えてしまいます。これによって頭髪に限らず体全体の毛が薄くなります。

進行には個人差があるものの、頭部全体に抜け毛や薄毛が見られるのが特長的です。AGAに比べ、老化現象が原因の老人性脱毛症は進行を食い止めるのが難しいとされています。しかし毛乳頭機能を活性化させたり、適切なマッサージなどのヘアケアを行うことで進行を遅らせ、発毛を促進させることが期待出来ます。

毛乳頭とは、頭部の毛細血管から栄養を受け取り、毛母細胞に栄養を送り届ける役目を担っています。ですからこの毛乳頭が健在な限り発毛は期待できるのですが、白髪を抜いたりするとこの毛乳頭を破壊してしまうことになります。

また喫煙も血管が収縮してしまうので毛細血管が細くなってしまい毛乳頭の機能を阻害してしまうことにつながります。同様に不規則な生活リズムや偏食も毛乳頭に十分な栄養を送れなくなってしまい老人性脱毛症の進行を促す原因となってしまいます。通常毛穴からは2から3本の毛髪が生えています。

白髪を無理に抜くとこの毛穴が傷んでしまい、その毛穴から生えている他の毛髪にも悪影響が出てしまいます。毛乳頭の真上には角化細胞(ケラチノサイト)と色素細胞(メラノサイト)と呼ばれる物質が存在しています。これらは毛幹を作る役割を持っています。白髪とは色素細胞の一つメラニンが不足しているために起こる症状です。メラニンの産出鈍化もまた老化現象の一つです。

SNSでもご購読できます。