びまん性脱毛症

頭の広範囲にわたって発症し、毛髪全体が抜け落ちて薄くなります。特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになるのが特長的です。中年以降の女性に多く見られる病気で、AGAとは違い前頭部(おでこ)の生え際の後退はあまり見られないため脱毛している部位の境目がはっきりとしない事が多いのが特徴です。

原因として考えられるのは加齢による細胞自体の老化や動脈硬化による血流障害などにより毛母細胞に十分な栄養がいきわたらずに引き起こされるものが先ず第一に考えられます。次に考えられるのがストレスです。

近年では社会進出する女性が増え、男性並みに社会的なストレスを受けるようになりました。また育児や離婚などから精神的ストレスを抱え急激に脱毛が進むケースも少なくありません。また女性に多い原因の一つともなっているのが極端なダイエットです。

びまん性脱毛症は毛根に栄養が十分いきわたらないことで引き起こされるものです。極端に食事制限をしてしまっては毛髪に栄養が行き渡らず休止期に入る毛髪の割合が増えるというのはごく自然な話なのです。

また経口避妊薬(ピル)も原因の一つと考えられています。女性ホルモンと頭髪量とは密接な関係があります。経口避妊薬はプロゲステロンという女性ホルモンの一種で、これを一定期間内服した後で中止すると、ホルモンバランスが崩れ一時的に休止期毛が多くなりびまん性脱毛症を引き起こすと考えられます。

またヘアスタイルを気にするあまり極端なヘアケアを行う人もいますが、界面活性剤などを含むシャンプーを大量に使用することは頭皮と毛髪にとって好ましいことではありません。またリンスのしすぎ、ムースやジェル、スプレーの使いすぎなども脱毛の原因となりびまん性脱毛症を進行させてしまうことになりかねません。

治療法としては血管拡張剤や育毛剤を用います。特に植物から摂取される多糖類を主成分とした薬剤は女性に効果的だといわれています。また生活習慣を見直すことも重要な事です。

SNSでもご購読できます。