トリコロマチア

抜毛症(トリコチロマニア)は精神的衝動によるものと考えられていいるため衝動制御障害(ICD)に分類されます。しかし若い女性などはファッションで眉毛を抜いて細く見せるというのが流行したとき トリコチロマニア患者も増加したので全てが衝動制御障害と決め付けてしまうことは出来ません。

また男女問わず成人に多いのは頭髪ではなく鼻毛を抜いて鼻腔内に炎症を引き起こし、脱毛するトリコチロマニアです。これも衝動制御障害というよりはエチケットとして認知されているので一概に全てを精神的な障害と決め付けることには危険性が含まれているといえるでしょう。

しかし、一旦毛を自ら抜いてしまうと習慣付いてしまう傾向もあります。毛を抜くということが癖になってしまった場合は衝動制御障害の可能性があります。

SNSでもご購読できます。