脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)とは頭皮から過剰な皮脂が分泌され、それがベトベトの脂漏性のフケとなり、この脂漏性のフケが原因で起こる脱毛症です。頭皮には皮脂を分泌する皮脂腺があります。頭皮や頭髪の乾燥を防ぎ、潤いを与えるのに重要な役割を担っていますが、体質やストレス、体調不良、環境刺激など様々な原因によってこの皮脂腺が異常に刺激を受けてしまい、通常よりも皮脂を多く分泌した結果、油分の多いべとついた脂漏性のフケとなります。

この脂漏性のフケが頭皮の毛穴に詰まって炎症を起こしたり、毛穴から細菌が入り込んで毛母細胞にダメージを与えることで毛が抜けていってしまう病気です。予防と対策には何よりも脂漏性のフケをそのままにしないことが大切ですので、日ごろの適切なヘアケアが肝心となります。

SNSでもご購読できます。