円形脱毛症

円形脱毛症とは、頭にコイン状のハゲが出来る病気です。性別年齢に関係なく誰でも発症する可能性があります。自覚症状はほとんどなく、ある日突然気が付いたら円形脱毛症に気づくのです。

放置していると症状が進んでしまい、しだいに大きくなっていったり、数箇所に出来ていたりします。一般的に10円ハゲと呼ばれることもありますが大きさや形は様々で円形や楕円形の脱毛巣が特有の症状です。しかし症状が酷い場合には頭髪全体が抜け落ちたり、眉毛やまつ毛、陰毛や体毛など体全体の毛が抜け落ちる場合もあります。

この病気の特徴的な症状としては脱毛に勢いがあり、まとめて抜けるというものでしょう。それまで正常に成長していたはずの毛髪が急に抜けてしうというのが、他の脱毛症と違うところです。もし自分で円形脱毛症が疑わしいと思っている場合、脱毛巣周辺の髪の毛を軽く引っ張ってみて下さい。

もし、数本まとめて毛が抜ける場合は円形脱毛症が進行していると考えられます。また脱毛巣の頭皮は周囲に比べてへこんだ状態になっていたり、赤くなっている場合も円形脱毛症の疑いがあります。

円形脱毛症は進行がストップすると数ヶ月で柔らかい毛が生え始め、その後健康な硬い毛髪が蘇ってくる事が多いと言われています。ストレスが原因の場合は放置していても自然治癒する場合が多いのですが気になる場合は皮膚科を受診してみましょう。

また頭皮を不潔にしていたり、頭皮の質に合わないヘアケアを繰り返すことや睡眠不足などで体調不良を招いた場合などで円形脱毛症になる場合もあります。

SNSでもご購読できます。