辛いものを食べると禿げる

辛いものを食べると禿げると言われますが、実際には辛いものと薄毛とは関連性はあります。ただ、それが髪に良いのか悪いのかというのは、はっきりとは言い切れないところがあります。辛いものを食べると禿げるという話が正しいのなら、小さいころから激辛料理を食べるインド人や韓国人などはハゲが多いという事になります。ですが、確かに禿げている人はいますが、目立つほどハゲの人が多いわけではありません。


また、育毛剤などにはトウガラシに含まれるカプサイシンという成分も含まれているものもあります。このカプサイシンという成分は血行促進させる効果があり、髪の毛を作り出す毛母細胞の働きを活発化させる働きもあります。


またカプサイシンと大豆などに含まれるイソフラボンは相性が良く、一緒に摂取するとより育毛に効果があると実証されています。


では辛いものは髪に良いのだから、いっぱい食べた方がいいのか、というとそういうわけでもないのです。辛い物を食べると発汗作用もあり、新陳代謝も活発になるため身体にはいいのですが、大量の汗をかく事で皮脂も過剰分泌してしまいますので、その結果毛穴が詰まりやすくなり薄毛になってしまう可能性が高まるのです。


また汗をかいてそのままにしておくと細菌の繁殖や蒸れたりして炎症を起こしやすくもなります。炎症を起こすこと自体頭皮にはよくないです。辛いものを食べると、血行が良くなり頭皮にもいいのですが、汗をかいたら頭皮ケアを欠かさずおこなうようにすると、より髪の毛の生成にも効果があります。

SNSでもご購読できます。