ヒゲが濃い人は禿げる

ヒゲの濃い人は禿げるとよく言われます。実際にヒゲが濃い男性をみると薄毛になっている人が多いように思えます。この説は決して間違いではありません。 もちろん、一口に濃いといっても感じ方がそれぞれですので、どこからが濃いヒゲであるのかというのは線引きできないですが、濃くなればなるほど薄毛になる確率が高くなっています。


ヒゲや体毛が濃い人は男性ホルモンが多く、その男性ホルモンが関与しているのです。 AGAと男性ホルモンには非常に密接な関係があります。男性ホルモンの中にはテストステロンという成分があるのですが、そのテストステロンは、5-αリダクターゼという酵素と結びつく事でジヒドロテストステロンになります。このジヒドロテストステロンが毛母細胞の活動を低下させてしまうため、髪の毛の成長が順調に行われなくなり薄毛・抜け毛となってしまうのです。


ということから、ジヒドロテストステロンを持つ男性ホルモンが多いと薄毛・抜け毛になる確率がアップしてしまうのです。男性ホルモンが多いからといって必ずしもジヒドロテストステロンを多く分泌するというわけではないのですが、男性ホルモンがもともと少ない人よりは確実に多く分泌してしまうのです。


またヒゲが濃い、男性ホルモンが多いという人でも5-αリダクターゼの活動を抑制する事でジヒドロテストステロンの生成を抑えることができますし、育毛剤や育毛シャンプーなどでしっかり頭皮ケアをしておけば、あるていど毛母細胞を活性化させることができますので、少なからず進行を遅らせることもできるのです。


まだ薄毛にはなっていないが、ヒゲが濃いという人は、AGAになる要素がありますので早めのケアを心がけるといいです。

SNSでもご購読できます。