海藻を食べると髪が増える

よく禿げないために海藻をいっぱい食べた方がいい、海藻を食べると髪が増えるという話をよく耳にします。これについて説明しますと、ワカメやコンブなどの海藻類にはたくさんのミネラル分が含まれています。これ自体は身体の健康にもいいですし、身体に良いという事は髪にもいいともいえます。


ですが、直接的に海藻を食べたからといって髪が増えたりという事はありません。ということで正確にいえばこの説は間違いという事になります。髪の毛を作っている成分は18種類のアミノ酸で構成されており、主成分はタンパク質になります。


そのアミノ酸の中でもシスティンというアミノ酸が最も重要になります。システィンが多く含まれている食材には、チーズ、魚、卵、肉類です。ではこういった食品を積極的に摂ればいいのかというとそういうわけでもないのです。


こういった動物性食品はカロリーが高い上に皮脂を大量に分泌させてしますのです。そのため過剰摂取は逆にAGAを早まらせてしまうことにもなります。このことからも海藻にあるミネラルは髪の生成に効果があるわけではないのです。ですが、海藻には髪の生成に欠かせないヨードが大量に含まれています。そのためシスティンも必要ですがヨードも必要なのです。


という事からも分かるように、栄養素と言うのはどれをたくさん摂取したからといっていいというものではなく、いろいろな栄養素を摂ることで相乗効果で身体に吸収されやすくなりますので、バランス良く摂取することがAGA対策には重要なことなのです。

SNSでもご購読できます。