頭皮が赤くなる

何気に鏡で自分の頭皮をみると赤くなっているということはないですか? それはAGAの前兆である可能性があり、近い将来、もしくはもうすでに薄毛・抜け毛が始まっている可能性があります。


頭皮が赤くなる原因には、日焼けなどで赤くなる場合もありますが、そういった覚えもないのに赤くなっているというのは危険信号です。もちろん日焼けで赤くなっているのも頭皮には良くないですのでAGAになる可能性がゼロではありません。ですが、それは一過性のもので、いつも日差しを浴びる人でなければ気にする程度ではありません。


ですが日焼け以外の場合には早めに対策を考える必要があります。頭皮が赤くなっているということには、その他にもいろいろな原因があります。 常に頭皮が赤いという人は、頭皮の血行が悪くなっているためなのです。頭皮の血行が悪いと栄養分が髪の毛を作り出す毛母細胞に行き渡らないため、髪の毛の成長が悪くなるのです。


また、脂性の人も頭皮が赤くなっていたりします。これは、頭皮から分泌される皮脂が出過ぎる体質で、脂ぎった状態にしておくと炎症を起こして赤くなったりします。こういった人はまめにシャンプーなどをして余分な皮脂を取り除き、綺麗な状態にしておくことが大切です。このままにしておくと炎症だけでなく、毛穴に皮脂が溜まりAGAになってしまうのです。


シャンプーをした後に頭皮が赤くなるという人もいるようですが、こういったケースではシャンプーやトリートメントが肌に合わないという可能性があります。シャンプーが合わないため炎症を起こして赤くなっていると思われます。一度違う刺激の弱いシャンプーなどに変えてみるといいです。こういった合わないシャンプーを使い続けることも頭皮には良くありませんのでAGAが進行してしまう原因にもなります。 このように、頭皮が赤くなるという事はどのような理由であれ異常の信号でもありますので早めの対策が必要です。

SNSでもご購読できます。