頭皮が硬くなる

頭皮が硬くなっている人は禿げるということはよくいわれていますが、実際に頭皮が硬い人はAGAになりやすいと言われています。もちろん頭皮の硬さというのは個人差があり、もともと硬い人もいるようです。そういったもともと硬い人もAGAになりやすいタイプです。


ですが、もともとは硬くなかったのに年齢を増すごとに徐々に硬くなってきたという人もいます。それこそAGAの前兆でもあります。頭皮が硬くなる原因として、何らかの理由により皮膚の下に張り巡らされている毛細血管の流れが悪くなり、頭皮の新陳代謝が悪くなります。


そうすると、頭皮の柔軟性もなくなり皮膚が突っ張った状態になるのです。そのため硬くなってくるのです。当然血行が悪くなるという事は、毛母細胞に十分な栄養分を運ぶのができなくなるのです。


頭皮が硬くなる原因は、加齢の他に食生活やストレスなども大きく関係してきます。そういった原因を排除することが大切になります。 また、硬くなった頭皮はマッサージをすることで柔らかくできる可能性があります。頭皮が硬くなるのは皮膚の下にある帽状腱膜が柔軟性がなくなるためにおこるので、これをマッサージすることである程度柔らかくすることができるのです。


シャンプーの際やお風呂に入っている時などに、軽く上下左右に頭皮を動かして血流をよくすることが望ましいです。ですが、この際に注意しなければいけない事があり、あまり強くマッサージをし過ぎると、毛細血管が切れてしまう可能性もあります。ですので、軽く動かす程度のマッサージで、それを毎日欠かさずおこなう事でAGAの予防や解消に繋がるのです。

SNSでもご購読できます。