AGAになりやすい年齢

AGAには、なりやすい年齢というのがあります。なりやすいというより正確に言えば、ある年齢を過ぎた頃から徐々に気になりはじめ、年々進行が進んでいくのです。その年齢というのが、30歳前後が多いとされています。ですがこれには個人差もあり、早い人では20歳を越えたあたりから異変が起きてくる場合もあります。


統計的に30歳前後にAGAの症状、わかりやすく言うと抜け毛になり生え際が上がってきて、薄くなってくるのです。ですが、30歳で抜け毛が多くなり生え際が上がるという場合には、それよりも前に何かしらの兆候があらわれてくるものですので、実際には25歳を過ぎたあたりから、AGAの影響が出てくるのです。


ですが、実際に気になり始め何らかの対策を始めるのは、30歳を過ぎ、もうすでに髪の毛が細くなり薄くなってきてしまってからという人が多いのです。まだ細くなっても髪の毛が残っているうちには髪の毛を太くしていく事は可能性があるのです。


ですが、一度抜け落ちてしまい、その後毛穴から細い髪の毛も生えてこないという状態になると、毛穴がなくなってしまい、髪の毛を作り出す毛母細胞も消滅してしまうので、発毛は難しくなってくるのです。 ですので、育毛や頭皮ケアをおこなうのは、抜けてしまう前で、できれば目に見えないAGAの影響が出てき始める25歳前後から始めるというのが理想のようです。


AGAは遺伝の要素が強いのですが、日常のケアや生活習慣などでも回避、または遅らせることは十分に可能ですので、もし自分が遺伝的にもAGAになりやすい体質なのではないかと思った人は、早めにケアをすることをおすすめします。

SNSでもご購読できます。