なぜ抜け毛になる?

抜け毛になるメカニズムは、成長期を経て毛母細胞での細胞分裂がおこなわれなくなり退行期・休止期へ移行し脱毛となっていきます。


このヘアサイクルが基本ではあるのですが、成長期が数年続くはずの髪の毛が様々な原因により、すぐに退行期・休止期へと予定より早く移行するとAGAなどの抜け毛になるのです。


その様々な原因がAGAとしての抜け毛の進行と密接な関係があるのです。その一番の原因としては遺伝ということがありますが、遺伝であっても生活習慣や食生活によりAGAの進行を早めてしまうことや、遅らせることも可能なのです。まず、食生活が植物性食品の多い日本食から、肉類や乳製品などの動物性食品が多い欧米食へと変化してきたということがあります。


生活習慣においては、運動不足や、ダイエットによる偏食や栄養不足なども大きな原因となっています。また、ストレスを抱える事も大きな原因となっているようです。喫煙は身体にももちろん悪いですが、血流が悪くなる事により髪の毛の成長を妨げる原因にもなります。アルコールもちょっと飲む分には問題が無いのですが、飲みすぎると血流が悪くなったりしますので、髪の毛には悪影響を及ぼします。


どれが原因でAGAになるとは一概には言えませんが、こういった原因が継続的になってしまうと、AGAが進行してしまうことは間違いのないことのようです。 こういった原因を排除することがAGAの進行を遅らせたりするのに重要ですが、AGAだけでなく身体のためにも大切なことです。

SNSでもご購読できます。